ウサギと自由に会話ができる大川総裁

過去問答履歴

サイト内の検索 By Google

   本日
   累計

幸福の科学 真理問答

2014/03/02 毎週日曜日発行 

ウサギと自由に会話ができる大川総裁

  約二ヶ月ぶりにEさんが来られました。 Eさんは、大川総裁がペットのウサギと自由に会話できることに驚かれてやって来られたのです。
以下は、Eさんとの会話の内容です。

【Eさん】 こんにちは! 二ヶ月ぶりにやって参りました。今日来ましたのは、先日、 『未来にどんな発明があるとよいか』を読ませていただいたところ、 大川総裁が、ペットのウサギたちと人間と変わらないぐらいに会話されていることを知り驚きましたので、 それでやってきたのです。
 
【お助けマン】 それはそうでしょね。驚かれたことと思います。 それを知って驚かない人はいないと思いますから・・・。

【Eさん】 そうなんです。 犬とかネコでも、その鳴き方で気持ちが分るということはありますが、 まるで人間と話しているように具体的な会話ができるとおっしゃっているのです。 それもそんなに大したことでもないように、さらりと述べておられるのでまた驚きなのです。

【お助けマン】 分りました。 もし、よろしかったらその部分を読んで頂けませんか?
  
【Eさん】 はい、61ページからの部分ですので読ませていただきます。

 例えば、わが家ではウサギを飼っています。やはり、ウサギの知能にも、少し差はあるのですが、 ウサギによっては、雄弁に、易者のごとく、いろいろしゃべってくるウサギもいますし、 バカなことしか言わないウサギもいます。また、「分かんなーい」としか言わないようなウサギもいて、 いろいろではあります。
 また、私は、基本的に、ペットと会話ができますし、ペットではなく、 池の鯉であっても会話は可能です。 大したことはありませんが、「ご機嫌いかが」と訊けば、 「いやあ、まあ、なかなかいい天気ですね」というぐらいの返事は返ってきます。 あるいは、「お腹が空いている」とか、「空いていない」とか、 「ああ、ご主人様、久しぶりです」とか、そのくらいのことは言います。

と、おっしゃっていて驚きなのです。 とてもウサギが易者のごとくしゃべるとは思えなくて・・・。

【お助けマン】 そう思われるのも無理ないと思いますよ。 通常、ペットとの会話と言えば、ワンワンとかキャンキャンというようなほえ方によって、 少し気持ちが分るぐらいで、 とても易者のような具体的な会話はできませんからね。
 
【Eさん】 しかも、これほど大変なことが、当たり前のことのように述べられているので、 それも驚いているのです。 それこそ、こんな人が居たならば、世界中のマスコミやテレビで引っ張りだこになって、 世の中で大きな話題になるはずですから・・・。
  
【お助けマン】 そうでしょうね。まだ、世の中の人たちはボウっとしているのでしょう。 あまりにも超能力とか霊能力のレベルが高すぎて、むしろ、どう対応していいのか分らないというところではないでしょうか。

【Eさん】 テレビでは少しの心霊現象や超能力で大騒ぎするのに、 大川総裁の霊能力には、なぜ無反応なのかが分らないのです。

【お助けマン】 それはね、あまりにも大川総裁の霊能力や高すぎるので、 逆にピンと来ていないのではないでしょうか。 封筒の中の文字当てなら分るが、地球の裏のエリア51の透視や、さらに月の裏の透視に至っては、 もうマスコミの理解をはるかに超えているということだと思います。
 でもね、仏典にはお釈迦さまが動物たちと会話していたことがはっきりと書かれているんですよ。 やはり、マスコミの勉強不足と知力の不足としか言いようがないでしょう。

【Eさん】 そう言えば、 以前の問答で、大川総裁が世界最高の霊能力者であることを教えてもらいましたが、 そのときも、大川総裁は、鳥たちの会話が聞こえることをおっしゃっていましたね。

【お助けマン】 そうです。そのとおりです。 ですから、動物や魚や植物とも会話ができるとすれば、 それは、もう何でもご存知だということなのです。

【Eさん】 でも、それほど何でもご存知なら、 なぜ、東日本大震災がいつ来るかということを事前におっしゃって下さらなかったのかという人もいるのではないでしょうか。

【お助けマン】 いいことを聞かれましたね。 確かに、全知全能の神であるならば、なぜ、言って下さらなかったのかと疑問に思う人もいるでしょう。 もちろん、私は大川総裁のような能力は持っていませんので、その理由の全ては分りませんが、 地震が何日の何時に来るかということは、人間の修行のためにおっしゃらないように思います。 なぜなら、それらを回避することが目的ではないからです。 そうならないために学ぶことこそが大事であると思っておられるのではないでしょうか。
 しかしながら、事前に警告は出されているのです。 天照大神さまをはじめ、多くの霊人からの霊言で何度も警告が出されています。 事前の警告は聞かずに、いつ何時に地震が来ることだけを言ってくれということは、 あまりにも身勝手すぎるということだと思います。 それだと人間の魂の修行にならないからです。

【Eさん】 なるほど、そういうことなのですね。 でも、そのことを知らない人たちは、大川総裁が、全知全能ではないのではないかと誤解する人もいるのではないですか。

【お助けマン】 それは、自分が神になっているのです。 人間が、神の全てを理解することは不可能ということが分っていないのです。 自分の過去のわずかな経験や知識でもって、神を判断できると思っているところに間違いがあるのです。 ですから、そこに信仰が成り立つわけです。

【Eさん】 分りました。そこのところは非常に重要だし、基本的なところですね。 その全てを理解することができないからこそ神なのですね。 従って、もう頭を垂れてその教えを学ぶしかないということなのですね。

【お助けマン】 そうです。そのとおりです。 いまだかつてお釈迦さまのように動物や魚と会話できた人が居たでしょうか。 まず、その事実を素直に受け入れて、それが、どのようなことを意味するのか、 頭を冷やして考えることが必要ではないでしょうか。

【Eさん】 はい、よく分りました。 今、神がこの地上に降りられているという本当に稀有なる時代にあるということなんですね。 これだけの速さで霊言が出されて、しかもそのほとんどが出版されているという事実に、 もっと素直に驚かないといけないということですね。 さもなくば、人類に未来はないということが段々と分かってきました。
 今日もいいお話しをありがとうございました。 それでは、これで失礼いたします。

 と、言ってEさんは帰られました。
 テレビでは、封筒に入れた文字を当てる超能力者がいれば、 それを大きく取り上げて放送しています。 かたや、ペットや魚たちと具体的に会話できる人がここに現れ、 かつ、宇宙人とも会話できる人がいるにもかかわらず、 なぜ、その事実が素直に受け入れられないのでしょうか。 もはや段々と残された時間が少なくなっているような気がしてなりません。
 では、次回も問答が続きます。
 主エル・カンターレに感謝。

(終わり)
      前へ 次へ

Page Top